電話をかける
電話占いメビウス&イルエル
TOP初めての方利用方法料金システム占い師コラム一覧Q&A

電話占い メビウス&イルエル > メビウス通信 > メビウス・コラム

初詣だけでなく毎月決まってお参りをする「かみさまごと」

毎年初詣に出かける方は多いと思いますが、それ以外でお参りに行くタイミングは?

困ったときの神頼みというように厄除けで評判の神社や、おみくじが当たると人気のお寺に立ち寄ることもあるでしょうか?
あるいは京都などの縁結びで有名な神社や、お伊勢さまへは旅行で訪れることも多いでしょうね(^^)

占い師の鑑定を受けている方で、定期的に神社仏閣へのお参りをしている方が結構いらっしゃいますので、今回は神様ごとについて少しご紹介します。
実はあなたの住む町には氏神さまが必ずいらっしゃいます。
自分の住んでいる地域管轄の神社ということです。その氏神さまをどうやって調べればいいのかというと、神社検索なら「日本神社」というポータルサイトが便利です。
また参拝の方法や神社の成り立ちについては「神社本庁」のホームページをまず見てみてください。
そして、毎月のお参りについては、確実に行ける回数から始めます。
お参りの目的としてはまず神様に顔を覚えていただくこと、そして願いを叶えていただくことです。
できれば毎月3回以上お参りされるとよいと思います。

参拝方法です。
まず神社にお参りする際は鳥居の前で一礼します。
階段がある場合、神様は真ん中を通るといわれていますので、端を上ってくださいね。
神社に入ったらまず御手洗(水舎)で手を洗います。
ひしゃくで水をすくい、左手の平に少し、持ち替えて右手の平に少し、また左手に水を少しためて口をすすぎます。
ひしゃくの柄に残った水を流し、綺麗にして戻します。

お賽銭については諸説ありますが、五円玉を9枚用意し「しじゅうごえん(始終ご縁)」とすれば5円玉より強力らしいですよ。

参拝の方法は各神社に案内のある通りで構いませんが、前後に軽くお辞儀をし、二礼二拍手一礼が一般的ですね。
お願いごとの前には住所と氏名をしっかり心の中で唱えて神さまに来たことを伝えましょう。

神様ごとを行っている人のお話を伺うと「悪いことが起こらなくなった」「願いが叶った」「願いや目標がはっきりするので行動力がアップする」などの声をよく聞きます。
中には「神様に愚痴を言ったら家族や友人にあたらずに済むし、すっきりする」という方も。






電話占い メビウス&イルエルTOP初めての方ご利用方法料金システム

メビウス通信雑誌掲載記事占い師紹介電話占いコラム特定商取引に基づく表記

占い師募集Q&Aクイック・リファレンスサイトマップ


電話占い・電話鑑定の「占いダイヤル メビウス&イルエル」