電話をかける
電話占いメビウス&イルエル
TOP初めての方利用方法料金システム占い師コラム一覧Q&A

電話占い メビウス&イルエル > メビウス通信 > メビウス・コラム

3年続けてお参りすれば、一生お金に困らない!?

宮城県にある金華山金山神社をご存知ですか?
「きんかざん・こがねやまじんじゃ」と読むのですが、名前からしてご利益がありそうですが、「3年続けてお参りすることができれは、一生お金に不自由することがない」と言われている霊験あらたかな神社なのです。

金華山神社は島にあるため、渡る方法はフェリーなのですが、鮎川港・女川港から乗ることができます。確か、週に1日程度しか定期船が運航していないので、お出かけ前に確認してくださいね。また、人数が5人以上集まれば小型船が出ることもあるようです。

鮎川港からは15分ほど、往復で一人2,500円くらいからです。
女川港からは35分ほど、往復で一人3,000円です。女川港からは日・祝のみの運行で午前11時に女川港出発、午後13時に金華山出発です。
乗り遅れると1週間定期運航がないということも…。くれぐれも乗り遅れないようにしてくださいね。
また、金華山の桟橋についたら神社所有車の送迎もありますから、参拝者の皆さんで行動するのが安心でしょう。

さて、金華山は天平時代に初めて金を産出したという伝説のある島で、島全体がパワースポットのようです。
当たると評判の手相芸人の島田秀平さんがTVで紹介したことで再び人気を集めている神社です。

金銀財宝を司る神様であり、金華山神社で開運された方のお話も良く耳にするのですが、逆にどうしても行こうとした日に海が荒れて船が欠航になったりするという話もよくあることのようです。それだけ「3年続けてお参りする」ことは実際大変なことのようですね。

そして無事に3回のお参りをすませた人も、その開運効果から毎年通うようになるという話も。
金運パワーを得たい人は挑戦してみてはいかがでしょうか?

さらに効果を上げたい人は、まずは自分の家の近くの神社にお参りして「これから金華山神社に行ってきます。
よろしくお伝えください」とお願いしていくと良いそうです。

担当の神様から上の神様にお伝えいただくと、スムーズに効果が出るというのは、神様の世界も縦社会ということのようですね。







電話占い メビウス&イルエルTOP初めての方ご利用方法料金システム

メビウス通信雑誌掲載記事占い師紹介電話占いコラム特定商取引に基づく表記

占い師募集Q&Aクイック・リファレンスサイトマップ


電話占い・電話鑑定の「占いダイヤル メビウス&イルエル」