電話をかける
電話占いメビウス&イルエル
TOP初めての方利用方法料金システム占い師コラム一覧Q&A

電話占い メビウス&イルエル > メビウス通信 > メビウス・コラム

イライラすると幸せを逃す?イライラコントロール法

日常生活…仕事や恋愛、子育てなど、あらゆる場面でイライラの要素がかくれています。
例えば電車内での他人の通話や大きな声でのおしゃべり、子供の泣き声、物事がうまく進まないなど。
特に年末年始の忙しいときに、物事がうまく進まなかったり、頼まれごとが多くなったりすると、てきめんにイライラ度が増していきます。
イライラしやすい人、しにくい人には個人差がありますが、これには物事の対応の仕方にヒントがありそうです。

人間の感情は大きく2つにわかわれます。
ひとつは「楽しさ」もう一つは「怒り」。
「ポジティブ」と「ネガティブ」という方がわかりやすいかもしれませんね。
怒りの感情というのは動物が持つ本能で、肉食動物に襲われたときにとっさに防御や攻撃に移るために必要です。
自分の身体を守るためにあるということですが、日常生活で怒りを感じた時に自動的に働いてしまうと人間関係に支障をきたしてしまいます。
この怒りの感情には交感神経が関わっており、交感神経が優位になると血圧の上昇や血管・筋肉の収縮が起こります。
「頭に血が上る」というのはまさに交感神経が働いている状況です。
この交感神経は副交感神経とバランスを取っているのですが、うまく負の感情を抑えられなくなると交感神経がずっと優位な状況が続き、不眠やストレスのスパイラルが始まってしまいます。

臨床心理学の観点からこのイライラをコントロールする方法を探ってみましょう。
まず、「数を数える」ことで副交感神経を優位に立たせる方法があります。
ただ、怒りで目の前が真っ白になったときに「数を数える」行為を思いだせない場合があるので、スマホなど、必ず目につくところにメモを書いておくことをおすすめします。
ちなみに平均的に6秒ゆっくり数を数えると怒りは収まっていきます。

また、負の感情が起こったときには、その状況をメモしていくことで、その場を離れるなどイライラを回避する対応力が身に付きます。

怒っている人、暗い人には近づきたくないですよね? 幸せを引き寄せるためにもネガティブ感情を遠ざけていきましょう。







電話占い メビウス&イルエルTOP初めての方ご利用方法料金システム

メビウス通信雑誌掲載記事占い師紹介電話占いコラム特定商取引に基づく表記

占い師募集Q&Aクイック・リファレンスサイトマップ


電話占い・電話鑑定の「占いダイヤル メビウス&イルエル」