電話をかける
電話占いメビウス&イルエル
TOP初めての方利用方法料金システム占い師コラム一覧Q&A

電話占い メビウス&イルエル > メビウス通信 > メビウス・コラム

生半可な知識は事故の元?!降霊グッズウィジャボード

ハロウィンやクリスマスといった宗教的なイベントの多くなる年末年始。
長い休暇を紛らわせるためにゲームの売上が伸びる時期でもあります。

海外でもこの時期、ボードゲームの売れ行きが良くなるのですが、特にここ最近人気を集めているのがウィジャボードという文字盤です。

海外の心霊映画等で学生たちが霊と交信するために使っている場面を見た事がある人も多いのではないでしょうか。

このウィジャボード、元々は西洋で占い用のゲームボードとして発売されたものなのです。
実際、ウィジャボードがどういったものかというと、AからZまでのアルファベットと「Yes」「No」の文字が書かれているボードで、霊と交信するための降霊盤なのです。
日本でいうとコックリさんやエンジェルさんがイメージに近いでしょうか。

実はこのウィジャボード、カトリックの司祭が警告を出したりと、近年、色々と問題になる事が多いのです。

前出の司祭曰く、ウィジャボードを使う事で霊の解放がいとも簡単に行えるようになる一方で、実際に解き放たれた霊を除霊する事は難しく、興味本位で降霊を試した人が強烈な自己暗示によって精神崩壊を起こしてしまう事も少なくないのだとか。

実際本国では、ウィジャボードは価格も安価で入手がしやすく、手軽で刺激的なグッズと言う事で一般家庭に広く普及しています。

日本でもオカルトグッズとしてはもとより、オシャレなインテリアとしてウィジャボードを購入する人が増えてきているのだとか。
家族が集まるクリスマス等の行事、持てあました時間をやり過ごすゲームとしてウィジャボードを利用する方や、先立ってしまった家族や仲の良かった友人と話をしたいとウィジャボードを持ちだす方もいるのでしょう。

しかし、素人判断での安易な降霊術は危険を伴う事も多いです。
手軽に手に入るからこそ、使用は自己責任で、真剣な思いがあるのであればそれこそ、ひとりで思い詰める前に、ぜひ専門家への相談も視野に入れて下さいね。






電話占い メビウス&イルエルTOP初めての方ご利用方法料金システム

メビウス通信雑誌掲載記事占い師紹介電話占いコラム特定商取引に基づく表記

占い師募集Q&Aクイック・リファレンスサイトマップ


電話占い・電話鑑定の「占いダイヤル メビウス&イルエル」